広告 工場勤務の悩み

専門学生が挑む一人暮らし!きつい現実、不安要素、バイト探し、など完全解説!

2023年4月14日

広告について

本ブログでは一部広告を使用しています

学生の皆さん、一人暮らしに挑戦していますか?私はWeb系の専門学校に通っている元社会人で、一人暮らしの経験があります。これから一人暮らしを考えている学生に向けて、以下の内容を話していきます。

この記事を読んで分かること
  • 一人暮らしのきつい現実や不安要素
  • バイト探しのコツ
  • 一人暮らしに必要な初期費用
  • 一人暮らしの必需品

これから一人暮らしを始める方、すでに始めている方も、この記事で一人暮らしのノウハウを学んで、より充実した学生生活を送りましょう!

こんにちは!工場が嫌で脱却し現在は学生しながらIT企業で働いています。工場勤務での悩み(将来やスキル不足による不安)や工場からどのようなキャリアを歩めば良いのか?について解決方法を発信しています。

プロフィール

専門学生の一人暮らしでのきつい現実

学生にとって一人暮らしは、自由な生活が待っている一方で、予想外の困難やプレッシャーも伴います。今回は、生活費の管理、家事の負担、勉強とバイトの両立、そして収入がないという問題についてお話しします。

生活費の管理

一人暮らしを始めた学生がまず気になるのが、生活費の管理です。家賃、光熱費、食費、通学費など、さまざまな出費があります。まずは、月々の収入と支出を把握し、予算を立てましょう。節約術を身につけることも重要です。

私自身、名古屋で一人暮らしを経験しています。家賃が4万円、光熱費が1万円、食費が2万〜4万円で、プライベートでお金を使うと月に約10万円かかっています。資金に余裕があるため、10万円でやりくりしているのですが、資金が限られている学生にとっては月10万円で生活するのは厳しいでしょう。ですから、持っているお金の量も非常に重要な要素となります。

家事の負担

学生の一人暮らしでは、家事の負担も避けられません。掃除、洗濯、料理など、これまで家族に頼っていた家事を自分でこなさなければなりません。まずは、家事のスケジュールを立てて、効率的にこなす方法を考えましょう。

私は結構めんどくさがりです。こういった作業は正直嫌いです。その為日曜日は掃除を絶対やる・洗濯は3日に一回するなどルールを設けて家事をこなしています。ルールを設けてもサボってしまう人はいると思います。その為ご褒美でも設けておくと良いのではないのでしょうか。

勉強とバイトの両立

学生が一人暮らしをする際、勉強とバイトの両立が難しく感じることもあります。まずは、自分の時間を大切にし、勉強とバイトのバランスを考えましょう。スケジュールを立てて、効率的に時間を使うことが大切です。また、学業と関連のあるバイトを選ぶことで、勉強にも役立てることができます。

私は特に長期のインターンシップやブログをおすすめしたいです。スキルがない間はアルバイトの方が良いと思いますが、お金とスキル両方が手に入る長期インターンシップは、アルバイトよりも将来に役立つことでしょう。

私はマーケティングの長期インターンシップに参加しつつブログも書いています。インターンシップはinfraジョブパッカーなどから見つけることができます。

ブログに興味ある方は以下の記事をご覧ください。

収入がない

学生の一人暮らしでは、収入がないことが大きな悩みです。多くの専門学生は奨学金やアルバイトで生活費を賄いますが、それでも資金繰りが厳しいことがあります。そこで、以下の方法を試してみましょう。

奨学金制度を活用する

専門学校には様々な奨学金制度が存在しており、これらを活用することで学費や生活費の負担を軽減することができます。

奨学金には返済不要のものや低金利で返済が必要なものがありますので、自分に合った制度を調べて申請しましょう。また、学業成績や家庭の経済状況に応じた奨学金もあるため、詳しく学校の窓口で相談してみると良いでしょう。

アルバイトを見つける

アルバイトを通じて収入を得ることができますが、勉学との両立が大切です。働く時間や日数を無理のない範囲に抑えることが重要です。

また、専門学生に向けた求人情報や、学校周辺の求人情報が掲載されているWebサイトや掲示板を活用して、自分に適したアルバイトを見つけましょう。

資格取得を検討する

資格を取得することで、専門知識を証明できるだけでなく、時給の高いアルバイトや就職活動にも有利になります。

自分が学んでいる分野に関連する資格を取得し、専門性を高めましょう。例えば、Web系の専門学生であれば、プログラミングやデザインの資格が役立つでしょう。

副業を始める

自分のスキルを活かした副業を始めることで、収入を増やすことができます。例えば、プログラミングやデザインのスキルがあれば、フリーランスとして仕事を請け負うことができます。ただし、副業を始める際は学業に支障が出ないように注意し、学校の規則や法律に抵触しない範囲で行いましょう。

以前ロゴ制作の案件を受けたことがあり、そういったデザイン制作は副業になってくると思います。以下にロゴ制作をどんな流れでやったのか記事にしてありますので是非読んでみてください。

専門学生の一人暮らしの不安要素と解決法

一人暮らしを始める学生には、寂しさや孤独感、安全面の心配、緊急時の対応など、さまざまな不安要素があります。これらの不安要素を解決する方法を知り、より安心して一人暮らしを楽しむことが大切です。

寂しさや孤独感

学生の一人暮らしでは、寂しさや孤独感に悩むことがあります。まずは、友人や家族と定期的に連絡を取り合い、コミュニケーションを大切にしましょう。

また、趣味やサークル活動に参加することで、新しい友人を作る機会を増やすことができます。さらに、一人暮らしのメリットを活かして、自分の時間を楽しむ方法も大切です。例えば、好きな音楽を聴いたり、映画やドラマを楽しんだりすることで、寂しさを紛らわせることができます。

安全面の心配

 一人暮らしの専門学生にとって、安全面の心配も大きな不安要素の一つです。まず、自分の住んでいる地域の治安情報を調べて、危険な場所や時間帯を避けることが重要です。

また、防犯対策を徹底することも大切です。例えば、玄関の鍵をかける、窓を閉める、防犯カメラを設置するなどの対策を行いましょう。さらに、近所付き合いを大切にし、助け合える関係を築くことも安心感につながります。

緊急時の対応

専門学生の一人暮らしでは、緊急時の対応に不安を感じることがあります。まずは、緊急時に連絡を取るべき家族や友人の連絡先を登録し、すぐに連絡できる状態にしておきましょう。

また、自分の住んでいる地域の病院や消防署の場所を把握しておくことも大切です。さらに、火災や地震などの災害に備えて、非常用持ち出し袋を準備し、避難経路を確認しておくことが重要です。非常用持ち出し袋には、水や食料、携帯充電器、救急品などの必要なアイテムを入れておきましょう。

専門学生の一人暮らしでのバイト探し

一人暮らしを始めた専門学生にとって、バイト探しは重要な課題です。ここでは、バイト選びのポイントや効率的なバイト探し方法、バイトと勉学の両立について解説します。

バイト選びのポイント

専門学生が一人暮らしでバイトを選ぶ際に重要なポイントを以下にまとめます。

自分のスキルや興味に合ったバイトを選ぶ

自分の得意分野や興味を活かせるバイトを選ぶことは重要です。これによって、働く意欲が湧きやすく、長続きしやすいでしょう。また、自分のスキルを活かせるバイトは、キャリア形成にも役立ちます。例えば、Webデザインが得意な人は、デザイン関連のバイトを選ぶと、将来の就職や独立につながる可能性があります。

また私としては安い費用でブログを始めても良いのではないかなと感じます。以下の記事でブログとはそもそもどういうものか?本当に稼げるのか載せていますので是非みて下さい。

アクセスの良い場所を選ぶ

通勤時間が短いほど、時間の効率化ができます。アルバイト先を選ぶ際には、自宅や学校からの距離や交通手段を考慮しましょう。無理なく通える場所を選ぶことで、勉学やプライベートの時間も確保できるため、生活のバランスが保てます。

時間の融通が利くバイトを選ぶ

専門学生には学業との両立が求められるため、シフトが柔軟に組めるバイトがおすすめです。例えば、週末や夜間だけ働けるバイトや、自分の都合に合わせてシフトを調整できるバイトが理想的です。また、試験期間や繁忙期に休みを取りやすい職場環境も重要です。バイト先選びの際には、シフト制度や休暇についても事前に確認しておくと良いでしょう。

お客さんや店員さんの質が高いところでバイトすることをオススメします。全部が全部そうでないですが、チェーン店のバイト先を選ぶと、自分のことしか考えていない店長だったり、なんでこんな人が店長やっているんだといった感じの人が店長をやっていたりしますので時間の融通が利くバイトを選びは大変重要になります。

効率的なバイト探し方法

効率的なバイト探し方法を以下に紹介します。

インターネットで検索

求人情報サイトやアプリを利用して、自分に合ったバイトを探すことができます。筆者のオススメはバイトルタウンワークです。インターネットでは、様々な業種や条件の求人情報が掲載されており、条件検索機能を使って希望の条件に合う求人を絞り込むことができます。また、口コミ情報や企業評価も確認できるため、事前に働く環境を把握することができます。

学校の求人掲示板を活用

専門学校には求人掲示板が設置されていることが多く、学生向けのバイト情報が掲載されています。学校が紹介するバイト先は、学生に適した条件や柔軟なシフトが用意されていることが多いです。また、学校で同じ分野を学ぶ仲間と一緒に働くチャンスもあり、スキルアップに繋がる可能性があります。

筆者が通っている学校では様々な求人をスタッフや講師が紹介してくれたり、インターン応募に役立つサイトを教えてくれます。もしどんな学校に通っていたか興味のある方は下記の記事を参考にしてみてください。

友人や知人に聞く

周りの友人や知人が働いているバイト先について聞くことで、実際に働くイメージがしやすくなります。また、紹介してもらうことで、応募の際にアピールポイントや面接での注意点などのアドバイスを受けることができます。友人や知人から紹介されたバイト先は、働く環境や人間関係が分かりやすいため、安心して働くことができるでしょう。

バイトと勉学の両立

専門学生の一人暮らしでは、バイトと勉学の両立が重要です。以下の方法でバランスを保ちましょう。

時間管理を徹底する

スケジュール帳やカレンダーアプリを活用して、学業とバイトの時間を明確に分けることが大切です。予定を書き込むことで、自分の時間の使い方が一目瞭然になり、無駄な時間を減らすことができます。また、時間管理を徹底することで、仕事と勉強のバランスを保ち、どちらも充実させることができます。

休みの日はリフレッシュと勉学に充てる

休みの日はリフレッシュと勉学に充てることで、疲れを取り除きながら、学業に集中する時間を確保しましょう。趣味やリラクセーションを楽しみつつ、適度な勉強時間を設けることで、メリハリのある生活が送れます。効果的なリフレッシュ方法を見つけて、ストレス解消にも役立てましょう。

効率的な勉強法を取り入れる

限られた時間で効果的な勉強をするために、自分に合った勉強法を見つけましょう。例えば、ポモドーロテクニックは、短い時間に集中して勉強し、定期的に休憩を取ることで効率を高める方法です。また、スペースドリピーティションは、一定間隔で復習を行うことで、記憶の定着を促す勉強法です。これらの方法を取り入れることで、時間を有効活用し、学習効果を高めることができます。

バイト先やインターン先での学びを活かす

専門学生にとって、バイトやインターンは単なる収入源だけでなく、実践的なスキルや知識を学ぶ場でもあります。バイトやインターンで得た経験やスキルは、学業や将来の仕事にも活かすことができます。例えば、コミュニケーション能力や問題解決能力などは、どの分野でも役立つスキルです。バイトやインターンで得た経験を学業に活かし、自己成長を目指しましょう。

専門学生の一人暮らしで必要な初期費用

専門学生が一人暮らしを始める際には、様々な初期費用が発生します。ここでは、家賃や敷金・礼金、家具・家電の購入費用、生活費の準備について解説します。

  家賃や敷金・礼金

一人暮らしを始める際、まず考慮すべき費用は家賃や敷金・礼金です。家賃は毎月支払う費用で、物件の立地や広さによって変わります。また、敷金は退去時に原状回復費用として預けるお金で、礼金は物件のオーナーへの感謝の意味で支払うお金です。これらの費用は物件や不動産会社によって異なるため、事前に調べておくことが重要です。

  家具・家電の購入費用

次に必要なのが家具・家電の購入費用です。ベッドや冷蔵庫、洗濯機など、生活に必要な家具・家電を揃えるためにはそれなりの費用がかかります。しかし、新品でなくても良いものは中古品を購入したり、友人や家族から譲り受けることで費用を抑えることができます。また、買い揃える際は、自分の生活スタイルに合ったものを選ぶことが大切です。

  生活費の準備

最後に考慮すべきは、生活費の準備です。一人暮らしを始めたばかりの専門学生は、最初のうちは生活費の管理が難しいことがあります。そのため、初めのうちは、食費や光熱費、通信費、交通費などの予想される生活費を計算し、少なくとも3ヶ月分の生活費を準備しておくことがおすすめです。これにより、予期せぬ出費があっても安心して生活できます。

専門学生の一人暮らしで必要なもの

専門学生が一人暮らしを始める際には、生活必需品や勉学に役立つアイテム、快適な生活空間を作るためのものなど、さまざまなものが必要です。ここでは、それらのアイテムを具体的に紹介していきます。

 生活必需品リスト

一人暮らしに必要な生活必需品は以下の通りです。

生活必需品
  • 寝具(ベッド/布団、シーツ、枕)
  • 収納家具(クローゼット、本棚)
  • キッチン用品(鍋、フライパン、食器、カトラリー)
  • 掃除用具(掃除機、モップ、ほうき)
  • 洗濯用品(洗濯機、洗濯バサミ、洗剤)
  • バスルーム用品(タオル、バスマット、シャンプー/ボディーソープ)
  • トイレ用品(トイレットペーパー、トイレブラシ)

これらのアイテムは、一人暮らしの生活をスムーズにするために必要な最低限のものです。最初はシンプルなもので揃え、徐々に自分の好みやニーズに合わせてアイテムを追加していくことがおすすめです。

 勉学に役立つアイテム

専門学生として勉学に励むためには、以下のようなアイテムが役立ちます。

お役立ちアイテム
  • 机と椅子
  • パソコンやタブレット
  • ノートや筆記用具
  • 教科書や参考書
  • ヘッドフォンやイヤホン(オンライン授業用)
  • 電子辞書や専門書

これらのアイテムは、勉強環境を整えるために重要です。自分の学習スタイルに合わせてアイテムを選び、効率的な学習ができるように工夫しましょう。

 快適な生活空間作り

一人暮らしで快適な生活空間を作るためには、以下のアイテムが役立ちます

快適な生活空間に必要なもの
  • 照明器具(デスクライト、間接照明)
  • カーテンやブラインド
  • ルームウェアやスリッパ
  • インテリア小物(絵やポスター、観葉植物)
  • エアコンや扇風機、ヒーター
  • 防音対策(カーペットや壁掛け、防音カーテン)

これらのアイテムは、生活空間を心地よく演出するために役立ちます。特に一人暮らしでは、自分だけの空間を大切にすることが重要です。好みや予算に合わせてアイテムを選び、リラックスできる空間を作りましょう。

まとめ

上記で話した内容のポイントを押さえることで、一人暮らしを始める専門学生がより快適で充実した生活を送ることができます。特に、学業とバイトの両立は専門学生にとって重要な課題ですので、時間管理や効率的な勉強法を取り入れることが大切です。

また、一人暮らしに伴う初期費用や生活必需品の準備も計画的に行いましょう。適切な費用管理や物の整理ができれば、無駄な出費を抑えることができます。

最後に、一人暮らしの不安要素に対処するために、対策を立てることも重要です。寂しさや孤独感、安全面の心配、緊急時の対応などについて考えておくことで、安心して生活を送ることができるでしょう。

専門学生の一人暮らしは、自分の力を試す貴重な機会です。この記事で紹介したポイントを参考に、充実した学生生活を送りましょう。

記事を読んでみてどうでしたか?他にもInstagramにてAI赤ちゃんAIお姉さんと協力しながら、AIの活用法やマーケティングのポイントを発信しています。よかったらフォローしてください!

他の記事でも会えるのも楽しみにしています。最後まで読んでいただきありがとうございました。

広告

オススメ人気記事

1

「IT専門学校に通って意味あるの?」「IT専門学校かプログラミングスクールで悩んでいる」「仕事を辞めて専門学校に通う意味あるの?」と悩んでいませんか? この記事では、「IT専門学校は通って本当に意味が ...

2

多くの人々がスマートフォンを使った副業に興味を持っていますが、中には怪しい詐欺に騙されてしまう危険も潜んでいます。 しかし、収益を出すことが出来る安全な副業も存在します。この記事では、怪しいスマホ副業 ...

3

「工場に勤務しているけど辞めたい」「工場勤務は将来的に大丈夫なの?」「工場の仕事環境がツラい」と悩んでいませんか? この記事では高卒や新卒で工場勤務しながら働いている人に向けて、なぜ工場勤務を辞めたい ...

4

「プログラミングスクールの忍者コード気になるな」「忍者コードの評判はどうなの?」「忍者コードを他スクールと比較するとどうなの?」と悩んでいませんか? この記事では忍者コード(忍者CODE)の評判に関す ...

5

ネット上で「夜勤を続けるとすべておかしくなる」と言われているけど「生活に影響が出るのかな?」「夜勤は辞めた方がいいかな?」と悩んでいませんか? この記事では病院や工場勤務などの夜勤の働きに興味を抱いて ...

-工場勤務の悩み