広告 IT業界に挑戦

【注目】IT専門学校に進学するメリットとデメリット|別の選択肢もご紹介

2023年6月2日

広告について

本ブログでは一部広告を使用しています

IT専門学校に進学するメリットは何でしょうか?大学との違いは?学費は?就職率は?これらの疑問を抱えるあなたのために、本記事ではIT専門学校のメリットとデメリットを詳しく解説します。

僕も元々工場勤務で働いていましたが、IT専門学校に入学してITスキルを習得に励んでいます。その上で、IT専門学校ではどの様な行動をしたら将来の為になるかを踏まえ解説していきますのでよろしくお願いします。

関連記事:工場からIT業界に転職しようと考えた理由!【高卒】でも可能?

こんにちは!工場が嫌で脱却し現在は学生しながらIT企業で働いています。工場勤務での悩み(将来やスキル不足による不安)や工場からどのようなキャリアを歩めば良いのか?について解決方法を発信しています。

プロフィール

IT専門学校とは

IT専門学校は、情報技術(IT)に焦点を当てた教育機関です。学習期間は1年制から4年制と多様で、それぞれの学生の目指す目標やスキルに合わせて選択することができます。学費は一般的に高めですが、その対価として、最新のIT知識と実践的なスキルを習得することが可能です。

IT専門学校進学のメリット

IT専門学校に進学する際のメリットは多岐にわたります。以下のメリットを詳しく解説します。

IT専門学校のメリット

  • 専門的なカリキュラム
  • 高い就職率
  • 資格を習得できる
  • 同じ志の仲間と出会える

専門的なカリキュラム

IT専門学校では、最新のIT知識と実践的なスキルを身につけることができるカリキュラムが組まれています。実際にプログラミングコードに触れて、プログラミングやシステム開発などのITスキルを習得したり、就活に役立つスキルを身につけたり、IT系で必要な資格を取ったりと豊富なカリキュラムなります。

またIT系のインターンシップに斡旋してもらうことができ、学校で身につけたITスキルをインターンシップを通して更にレベルアップさせることが可能です。

高い就職率

IT専門学校は、その多くが高い就職率を誇っています。私が現在通学している学校も、就職率が90%以上となっており、中には就職率が100%を達成しているIT専門学校も存在します。

その理由は、IT専門学校が学生に対して企業の求人情報を直接紹介できるからです。大学生が就職活動のために求人サイトを利用することが一般的ですが、IT専門学校の学生はその必要があまりありません。ただし、これは「勉強しなくても良い」というわけではありません。しっかりと学習に取り組み、スキルを身につけなければ、求人情報を紹介されることはありません。その点には注意しましょう。

資格を習得できる

IT専門学校の大きなメリットの一つは、資格取得のサポートがあることです。ITパスポートや基本情報技術者試験、応用情報技術者試験など、将来のキャリアに役立つ資格を取得することが可能です。資格取得には通常、相応の費用が必要ですが、IT専門学校では学費に資格試験の費用が含まれているため、追加の支払いは不要です。

これらの資格は、就職活動の際に大きなアドバンテージとなります。また、自身でビジネスを立ち上げる際にも、顧客に対して信頼と安心感を提供する手段となります。したがって、資格を取得することは、将来にわたって大きな利点をもたらします。

同じ志の仲間と出会える

IT専門学校には、高い目標を掲げて入学する学生が少なくありません。同じ志を持つ仲間と出会うことは、学習のモチベーションを高め、プロジェクトを進める際の強力なサポートになります。

ただ遊び仲間を見つけるだけでなく、共に高い目標を追求する仲間を見つけることは、あなたの将来に大きく寄与しますそのような環境を提供してくれるIT専門学校を選ぶことは、あなたのキャリア形成にとって重要な要素となるでしょう。

 IT専門学校進学のデメリット

しかしIT専門学校に入学することが全てメリットになるわけではありません。以下のIT専門学校に進学するデメリットについて詳しく説明します。

IT専門学校のデメリット

  • 学費が高い
  • 講師によって授業の質が違う
  • 意欲的な学生が少ない
  • 授業スピードがはやい

学費が高い

IT専門学校の学費は、1年で100万円以上が一般的です。奨学金を利用できるとはいえ、それはあくまで借金であり、返済が必要です。例えば、2年制で年間100万円のIT専門学校に通い、奨学金を利用して月1万円ずつ返済するとしたら、利子を考慮しないとしても、完済までには16年かかります。つまり、30代になってようやく返済が終わる計算になります。

そのため、IT専門学校に通う際は、高いモチベーションを持ち続けることが重要です。後々、「IT専門学校に通った意味がなかった」と後悔しないようにしましょう。以下に、IT専門学校に通う意義を感じられない人の特徴についてまとめた記事を紹介します。興味があれば、ぜひご覧ください。

講師によって授業の質が違う

IT専門学校だけでなく、他の学校でも同様に、講師の教え方は上手い人とそうでない人がいます。これは人間ならではの特性で、避けられない事実です。しかし、学びを深めるためには、教え方が上手い講師を選ぶことが重要です。教え方が下手な講師の授業は、学習意欲を低下させ、時間を無駄にする可能性があります。

そのため、入学前にはIT専門学校の口コミをチェックし、授業の質や講師の評判を確認することをお勧めします。実際の生徒の声に耳を傾け、事前に情報を集めることは、適切な学習環境を選ぶために重要です。

意欲的な学生が少ない

IT専門学校の生徒全員が学習意欲が高いわけではありません。中には学習意欲が低い生徒も存在します。そのような環境に身を置くと、自身のやる気も影響を受けてしまうことがあります。そのため、自身の学習意欲を維持するためにも、レベルの高い環境を選ぶことが重要です。

私自身、元々は社会人(工場勤務)からIT専門学校に転身しました。「絶対に工場に戻りたくない」という強い意志を持って学習に励んだ結果、まだ在校生ながらも早期に内定を得ることができました。この経験から、自分の目標を持ってIT専門学校に入学することの価値を実感しています。私が社会人からIT専門学校生になった経験については、以下の記事に詳しくまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

授業だけでは足りない

授業だけで学習するのではなく、自主学習も重要です。その理由は、ITスキルは繰り返し同じ作業を行うことで向上するからです。授業では毎日同じ内容を学ぶことはありませんし、基本的には基礎的な内容が中心です。そのため、自分で学習時間を設けて、覚えた知識をアウトプットしたり、応用したりすることが必要す。

しかし、アルバイトなどで忙しいと、自主学習の時間を確保するのは難しいかもしれません。そのため、具体的な目標を設定し、スケジュールを立てることが重要です。例えば、「何日までにこのトピックを学び終える」といった具体的な目標を立てると良いでしょう。以下に、IT専門学校での生活方法についての記事を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

授業スピードがはやい

IT専門学校の授業の進行スピードは非常に速いです1日欠席するだけで、内容についていけなくなることも珍しくありません前述したように、学習意欲が低い学生がこの速度に追いつくのは、特に優れた学習能力がなければ難しいでしょう。そのため、授業外でも自主的に学習を補う必要があります。また、理解できない部分があれば、積極的に教員に質問する姿勢も重要です。

IT専門学校以外でITを学ぶ選択肢

これまでにIT専門学校のメリットとデメリットを詳しく説明してきましたが、IT専門学校以外でもITスキルを習得する方法はいくつか存在します。以下でそれぞれについて詳しく説明します。

大学

大学、特に理系の学部では、プログラミングなどのITスキルを学ぶことが可能です。Javaなどのプログラミング言語の学習が主になるでしょう。大学のメリットとしては、大学卒業の肩書きが得られることです。日本ではまだ、大学卒業者を優遇する企業が多いため、大学で学びながらITスキルを身につけると、大きな利点となります。

大学には、IT専門学校とは異なるデメリットも存在します。例えば、学習意欲が高い学生が少ない、課題が多い、就職活動を自分で進めなければならないといった点が挙げられます。しかし、一方で、大学卒業資格を提供するIT専門学校も存在します。

プログラミングスクールやWebデザインスクール

現代では、高額な学費を支払って学校に通う必要はなく、プログラミングスクールやWebデザインスクールなどでITスキルを身につけることが可能です。また、これらのスクールでは3ヶ月から1年という短期間でスキルを習得することができます。ただし、就職活動は自分で行う必要がありますので、スクールに通いつつ転職や就職活動を進めることが求められます。

IT専門学校や大学が体験授業やオープンキャンパスを提供しているように、スクールも一度話を聞いてみることをおすすめします。以下のリンクから無料でスクールの説明会に参加することができます。話を聞くのは無料ですので、是非参加してみてください。

オススメしたいプログラミングスクール

独学

IT専門学校に通わなくても、独学でITスキルを習得することは十分可能です。YouTubeや、月額1000円程度で利用できる動画講座など、多くの学習リソースが存在します。これらを活用すれば、自分自身でスキルを身につけることができます。ただし、全てを独学で学ぶのは困難な面もあります。

私自身も現在は独学で学んでいますが、IT専門学校に通った経験があるからこそ、独学の重要性を理解できました。最終的には多くの人が独学で学ぶことになると思いますが、そのスタートラインとして、スクールや専門学校、大学に通うことも一つの良い選択肢だと思います。

関連記事:プログラミング副業はやめとけと言われる理由5選!現実は難しいのか?

 IT専門学校に進学してメリットがあるかAIに聞いてみた

最後にIT専門学校に入学してメリットがあるのかどうかを今話題のAIであるchatGPTに聞いてみました。chatGPTに興味がある人は記事のリンクを貼っておきますので、是非みてください。

chatGPT

IT専門学校に進学するメリットはいくつかあります。

1. 専門的なスキル習得: IT専門学校では、プログラミング、ネットワーク、データベース管理など、IT業界で必要とされる専門的なスキルを集中的に学ぶことができます。

2. 実践的なカリキュラム: IT専門学校では、理論だけでなく実践的なスキルも重視されます。プロジェクトベースの学習や実際の業界で使用されるツールを使った授業など、現場で即戦力となる技術を身につけることができます。

3. 高い就職率: IT専門学校は、卒業生の就職支援に力を入れています。企業との強いつながりを活かし、インターンシップの機会を提供したり、就職活動をサポートしたりします。その結果、多くのIT専門学校では高い就職率を誇っています。

4. 資格取得の支援: IT専門学校では、IT関連の資格取得をサポートしています。資格は就職活動だけでなく、キャリアアップにも役立ちます。

5. 同じ目標を持つ仲間との出会い: IT専門学校では、同じIT業界を目指す学生たちと学ぶことができます。互いに切磋琢磨しながら学ぶことで、モチベーションの維持や新たな視点の発見につながります。

以上のようなメリットがありますが、進学を考える際には自分の目標や学びたい内容、学費なども考慮に入れることが重要です。

といったように私が少し触れたこともAIは話してくれました。その為IT専門学校に通うことはデメリットばかりでなく、メリットも存在します。

まとめ

この記事でIT専門学校のメリット・デメリット、IT専門学校以外の選択肢を理解できたのではないのでしょうか。

どの選択肢を選択してもそれはあなたの自由です。後悔のない選択肢を選び新しい1歩を踏み出せると良いですね。

記事を読んでみてどうでしたか?他にもInstagramにてAI赤ちゃんAIお姉さんと協力しながら、AIの活用法やマーケティングのポイントを発信しています。よかったらフォローしてください!

他の記事でも会えるのも楽しみにしています。最後まで読んでいただきありがとうございました。

広告

オススメ人気記事

1

「IT専門学校に通って意味あるの?」「IT専門学校かプログラミングスクールで悩んでいる」「仕事を辞めて専門学校に通う意味あるの?」と悩んでいませんか? この記事では、「IT専門学校は通って本当に意味が ...

2

多くの人々がスマートフォンを使った副業に興味を持っていますが、中には怪しい詐欺に騙されてしまう危険も潜んでいます。 しかし、収益を出すことが出来る安全な副業も存在します。この記事では、怪しいスマホ副業 ...

3

「工場に勤務しているけど辞めたい」「工場勤務は将来的に大丈夫なの?」「工場の仕事環境がツラい」と悩んでいませんか? この記事では高卒や新卒で工場勤務しながら働いている人に向けて、なぜ工場勤務を辞めたい ...

4

「プログラミングスクールの忍者コード気になるな」「忍者コードの評判はどうなの?」「忍者コードを他スクールと比較するとどうなの?」と悩んでいませんか? この記事では忍者コード(忍者CODE)の評判に関す ...

5

ネット上で「夜勤を続けるとすべておかしくなる」と言われているけど「生活に影響が出るのかな?」「夜勤は辞めた方がいいかな?」と悩んでいませんか? この記事では病院や工場勤務などの夜勤の働きに興味を抱いて ...

-IT業界に挑戦