広告 工場勤務の悩み

【現実】中小製造業はやめとけ!工場歴5年がオススメの転職業界を紹介

2023年7月18日

広告について

本ブログでは一部広告を使用しています

製造業で働いているけど「製造業はやめとけ」と言われていて不安になっていませんか?

この記事では、製造業で働いているけど将来が不安で転職するのも勇気が出ないと悩んでいる方に向けて、製造業は何故「やめとけ」といわれているのか?製造業から転職する為にはどうしたらいいのか?元々製造業の仕事をしていた僕の経験から解説していきます。その他、以下のことを学ぶことが可能です。

この記事で分かること

  • 製造業で働いて良いことあるの?
  • 製造業に向いている人はどんな人?
  • 一般的な転職する為のステップ
  • 筆者がIT業界に未経験で転職した事例

この記事を読むことで「製造業はなんでやめとけと言われているのか?」と転職する為に必要なステップを理解することができます。また筆者が未経験から他業種になぜ働こうと考えたのか?事例も紹介しています。5分ほどで記事を読むことができますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

こんにちは!工場が嫌で脱却し現在は学生しながらIT企業で働いています。工場勤務での悩み(将来やスキル不足による不安)や工場からどのようなキャリアを歩めば良いのか?について解決方法を発信しています。

プロフィール

製造業はやめとけといわれる【衝撃】の理由

製造業のデメリット

製造業には確かに一部のメリットが存在しますが、それだけでなく、様々なデメリットも存在します。「製造業はやめとけ」と言われる主な理由について解説していきます。

製造業で働くデメリット

  • 単純作業が苦痛
  • 職場環境が悪い
  • 日勤・夜勤があり健康に良くない
  • スキルが身につかない
  • 将来性が感じられない
  • 残業が多いところもある
  • ミスをすると大きな問題になる
  • 大怪我をする可能性がある

単純作業が苦痛

製造業の現場では、同じ作業を延々と繰り返すことが多いです。これは、頭を使わずにできるという意味では楽な面もありますが、それが逆に苦痛に感じる人も少なくありません。繰り返しの作業は、なんだか物足りない、つまらないと感じることもあるでしょう。

さらに、同じ作業を延々と行っていると、気が緩みやすく、思わぬミスを起こす可能性もあります。無心でロボットのように働く必要がある製造業は、「やめとけ」と感じることもあるかもしれません。私自身も、その経験からそう思うことがありました。

厳しい職場環境

製造業の職場は、時に厳しい環境であることがあります。騒音が多く、暑いあるいは寒い、体に負担をかけるような条件が絶えず存在し、これらの環境下で長時間働くことは、ストレスの源となり得ます。

さらに、製造業の中には油や粉塵を使用する業種があります。そのため、空気中に漂うこれらの物質が混ざり、健康に影響を及ぼす恐れのある環境であることは間違いありません。

関連記事:20代で肉体労働はやめとけと言われる理由|抜け立す為の方法も紹介

日勤・夜勤があり健康に良くない

製造業では、しばしば24時間体制での勤務が求められます。日勤・夜勤が存在し、このような生活環境は生活のリズムの乱れを引き起こしやすく、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

特に夜勤には注意が必要で、夜勤はがんや生活習慣病のリスクを上げるとされています。これらのリスクから「製造業はやめとけ」と考える方も少なくありません。

関連記事:夜勤はすべてがおかしくなる?【危険】【人生終了】と言われる理由を解説!

スキルが身につかない

製造業は、特殊なスキルや知識が必要とされておらず未経験から始めることができます。このため仕事を通して身につける技術や知識が限られ、転職やキャリアアップを考えたときにスキル不足を感じることが多いです。

若いうちは未経験でも採用してくれる企業が存在しますが、年齢と共に転職の選択肢は狭まってくると言えます。特に将来に不安を抱えている人はスキルが身に付かなくて将来どうしようと考えている人が多いのではないのでしょうか?

関連記事:【絶望】工場勤務だとスキルが身につかない?将来が不安な人に向けた対策

将来性が感じられない

製造業の一部は、自動化やAIの進歩により職の存在が危ぶまれることがあります。これは、明確な将来性が見えにくいと感じ、自身のキャリアをどう築くべきかという大きな課題となります。

私自身も将来性を製造業に感じられなくて、若くて市場価値がまだある内にITに関わって行こうと考えました。工場からIT転職が可能なのか?気になる方は以下の記事をご覧ください。

関連記事:【高卒】工場から転職するのは厳しいのか?人生終わりの理由も解説!

残業が多いところもある

製造業の中には、残業が頻繁に発生し、働き方改革が十分に進んでいない場所も存在します。これは時間外手当が支払われる一方、自由な時間が限られ、健康を損なう可能性があります。

加えて、基本的に人手不足で現場を回すことが多いので、残業や休日出勤を断ると理解を示さない風潮もあります。そのような働き方では、手取りは増えるものの、特に新たなスキルを身につける機会は増えません。

関連記事:休日出勤が当たり前に多い工場はおかしい|ふざけるなと考えた時の対策

関連記事:毎日残業する工場がつらい!でも人手不足で辞められないからどうすれば?

ミスをすると大きな問題になる

製造業は、一つのミスが製品全体の品質に影響を及ぼす場合が多いため、ミスを犯すと大きな問題に発展する可能性があります。特に大手企業の下請けとなる場合、ミスへの対応はより慎重になることが求められます。

例えば、一日に数万個の製品を製造する場合、一つでもミスが見つかれば全ての製品を再検査するといった事態がしばしば発生するのです。このような状況は、業務の負担となるだけでなく、大きなストレスともなり得ます。

大怪我をするリスクがある

製造業は、多くの機械を扱うため、操作ミスからくる怪我のリスクが伴います。安全管理は厳格に行われているものの、全てのリスクを排除することは困難でしょう。

また、先述の通り、職場環境が厳しい、または単調な作業による集中力の散漫化が、怪我を招く可能性をさらに増大させます。これらの要素を考慮に入れ、十分な注意を払うことが必要となります。

やめとけといわれる製造業の良いところ

製造業のメリット

製造業を選ぶ理由は人それぞれですが、一部の人にとってはそれなりのメリットを感じる場合もあります。

製造業にメリットあるの?と思うかもしれませんが、製造業はやめとけと言われる意見もある一方で、その魅力を理解して選んだ人もいるわけです。そのメリットについて解説していきます。

製造業で働くメリット

  • 意外と稼ぐことができる
  • 単純作業のため未経験でも働ける
  • 福利厚生が充実している会社も多い
  • 頑張りによって班長・係長を目指せる

意外と稼ぐことができる

製造業は時間に対する賃金が高い場合が多く、また、一部の企業では残業や休日出勤が多いため、収入が上がることもあります。

また、製造業では技能を身につけることで賃金が上がる場合もあります。国家資格が多かったりする意外な分野であるので、経験を積み重ねれば積み重ねるほど、その価値は上がることを覚えておきましょう。

単純作業のため未経験でも働きやすい

製造業は、特別な専門知識やスキルがなくても始められる職種です。製品の組み立てや検査などの作業は、初めてでも研修を通じて学べばすぐに取り組むことができます。

このため、「未経験でも大丈夫」な点が製造業の大きな特徴であり、新たなスキルを身につけるための第一歩として、手に職をつけたいという人には、特におすすめの業界と言えるでしょう。

関連記事:工場勤務は楽すぎて最高?【将来大丈夫?】本当にそれでいいのか解説!

福利厚生が充実している会社も多い

大手の製造業企業では、従業員の福利厚生が充実していることが多いです。

健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金などの社会保険が完備されているほか、社員旅行や食堂など、働く環境が整っている企業も多数存在します。

頑張りによって班長・係長を目指せる

製造業では、頑張りを続けることで、班長や係長といったリーダーポジションに昇進するチャンスもあります。企業によっては、努力がしっかりと評価される文化があり、自分の成長を実感できる職場も存在します。

ただ、「昇進したい」「上を目指す」という場合、自分の努力だけでなく、上司との良好な関係作りも大切になってきます。そして、そのためには覚悟というか、一定の決意が必要です。

製造業で働くことに向いている人の特徴

製造業に向いている人

製造業で働くことは全ての人に向いているわけではありません。製造業はやめとけといったのも一部の人には当てはまるかもしれません。しかし、一方で製造業が適している人もいるのです。以下にその特徴を説明します。

コミュニケーションが得意でない人

製造業の多くの仕事は、単調な作業が中心であり、他の人と頻繁にコミュニケーションを取る必要がないことが一般的です。この点から、人間関係が苦手な人でも仕事を遂行する上でストレスが少ない環境と言えます。

その上、基本的に一人での業務が多いため、他人との関わりを最小限に抑えたい人にとっては、製造業が適していると考えられます。

コツコツやる作業に集中できる人

製造業は、同じ作業を繰り返すことが多い職場です。そのため一つ一つの作業に集中し、コツコツと取り組むことができる人にとっては適した環境と言えます細部にまで目を配る能力を持つ人は、品質管理の面で大きな強みとなります。

幼い頃からプラモデル作りなど、細かい作業が好きだった人は、このような仕事に適しているかもしれません。

体育会系出身の人

製造業の現場では、体力を要する作業が多々あります。立ち仕事だったり、重い物を運ぶこともしばしば。だからこそ、体力に自信がある人にとっては、適した仕事と言えるかもしれません。

また、工場内では体育会系出身の人が多いという印象もあります。同じバックグラウンドを持つ人がたくさんいるので、友達を作りやすい環境だとも言えます。

高卒未経験からお金をためたい人

製造業は、未経験からでも始めやすい仕事がたくさんあります。さらに、一部の会社では残業が多く、それによって高収入を得られる場合もあります。だからこそ、高卒で未経験からでも、早く働き始めてお金を貯めたいと考えている人にはピッタリかもしれません。

商業高校や工業高校の卒業生に対して、製造業からの求人は多くあります。履歴書を書くだけで就職の機会が広がることも多いですから、早く社会経験を積みたい人には良い選択肢になりえるでしょう。

将来のことを何も考えたくない人

製造業の仕事は、単純作業が主なので、現在に集中し、将来のことを考えずに働きたいと思っている人にも適していると言えます。

ただ、将来のことを一切考えずに働いていると、年齢を重ねたときに困った状況に陥ることもあります。製造業はやめとけとアドバイスする理由の一つがこれです。最初のうちは、今のことだけに集中してもいいですが、将来の計画は必ず立てるようにしましょう。それがあなたの未来を安定させ、より良い方向へ導くための重要なステップとなります。

タバコ・パチンコが好きな人

これは一部の印象に過ぎないかもしれませんが、製造業の現場では、タバコやパチンコを好む人が集まりやすいと言われています。上司の人もその傾向が強いので、上司と仲良くなることもできます。

ただ、これらの嗜好は健康や経済的な立場に対して必ずしも良い影響を及ぼさないことは明らかです。それを念頭に置いて、仕事選びをすることが重要です。あなたの健康と財産を守るために、賢い選択をしましょう。

関連記事:【警告】工場勤務で頭おかしい状態になりそう?ストレス解消法を教えます

製造業に合わない人が天職を探す為の一般的な3ステップ

では「製造業はやめとけと言われているから辞めよう」「製造業界は合わないから嫌だ」と考えて時どのようにして、自分の転職先を探せばいいのでしょうか?一般的な製造業は合わないから辞めようと考えた時の手段を3ステップに分けてお伝えします。

1.自己分析をする為に転職エージェントを頼る

まずはステップ1として自己分析することが重要になります。自己分析を怠ると、なんで転職した業界を志たのか話すことができないので転職に苦戦します。また仮に転職先が決まったとしても、会社の価値観や仕事内容に不満を抱きすぐに辞めてしまう原因になります。その為自己分析が重要になるのです。

自己分析を行うのが一人では難しい場合は、未経験の方をサポートしてくれる転職エージェントもありますのでそちらを利用することがおすすめします。未経験むけの転職エージェントはキャリアについて親身に、無料で相談に乗ってくれます。

2.自分の興味のある業界を絞る

自己分析が終わったら、自分の興味のある業界や仕事を絞っていきましょう。絞ることで、業界や職種に合わせた面接内容や職務履歴が決まっていきます。転職エージェントを使用している場合は、面接内容のサポートや職務経歴書のリライトを行ってくれ、業界や職種に合わせた企業を紹介してくれます。

準備が整えば、応募の開始です。気になる企業は口コミも調べる必要はありますが、できるだけ多く申し込みましょう。多く申し込む理由としては、面接で「想像していたイメージと違う…」ということもあり得るので、気になった企業は積極的に応募して、ご自身の目で確認しましょう。

3.転職を実施する

希望業界を定めて面接を繰り返していくことで、希望している業界や職種の企業が見つかるかもしれません。希望条件と合致した企業から内定を頂けたら転職完了まで一歩手前、現在の職種の退職手続きを進めましょう。次の転職先がまだ決まっていない状態で前職を辞めると、職を失うリスクがあるので注意が必要です。

また、退職をスムーズに進めるために退職代行サービスを利用するのも一つの選択肢です。大切なのは、会社ではなくあなた自身です。あなたがどうしたいのかを最優先に考え、行動を起こしましょう。企業から内定連絡が来たら、入社承諾の返事をする前にきちんと労働条件を確認しておきましょう。

関連記事:向いてない仕事を続けた結果【後悔】した体験談|向いてる仕事の見つけ方も紹介

筆者がIT業界で働こうと考えた事例

しかし筆者は少し違う方法で転職を実現させました。実際に経験した転職方法をステップごとに分けて説明します。

転職エージェントを活用したが同じ業界ばかりの紹介

最初は一般的な転職方法と同じように未経験でも別業界に転職できるか不安はあったのですが、転職エージェントを使っていました。しかし転職エージェントでは、もともと働いていた業界である製造業や営業職を紹介されました。僕は製造業での働き方に疑問を持っていましたし、営業にもあまり良い印象がなかったのもありましたが、希望業界であったIT業界は一切紹介されませんでした。

自己分析する上では転職エージェントは非常に役立ちましたが、未経験から希望していたIT業界に行ける訳もなく、改めて自分のスキル不足を実感しました。

スキルを習得するための学習をした 

元々高校で情報系の授業が面白かったこと、工場の将来性と働き方に不満や不安を抱いていた為、IT業界を目指したいと考えました。

しかし、未経験ではやっぱりIT業界へ転職するのは難しいです。そこでIT専門学校を20代で通う決断をします。この選択をしたのは良かったのですが、後悔も後々することになります。

関連記事:IT専門学校は本当に意味がないの?元専門学生が【衝撃】の本音を話す

スキルを習得してから実績をつける

プログラミングスクールに近いIT専門学校に通って死に物狂いで1年間頑張りました。しかし2年目で大幅に授業日数が減って、サービスも1年目より質が落ちていた為、2年目でIT専門学校は中退。

1年目Web関連のことにひたすら取り組んで、IT企業でインターンしたり、ブログ運営をしたりして実績を身につけました。ポートフォリオや実績といった強みを作った後転職活動をしていますが、スキルも何もない工場勤務と時とスキルや実績を身につけた後だと紹介してくれる求人や職務経歴書や履歴書に書ける強みの実績が段違いに違います。

IT業界で将来的に働きたいと考えている人はまずはスキルを身につけて実績をつけるべきです。僕もIT専門学校でスキルを身につけましたが、金額も安く、転職までサポートしてくれるプログラミングスクールに通わなかったことを後悔しています。

現状に不安を感じている方はスクールを活用するべき

今の現状に不満を抱いている、でも転職して同じ業界に行きたくないと考えている人は転職エージェントを活用するよりも、短期間でスキルを習得できるスクールに通うべきです。

1番オススメしたいのがIT業界です。製造業で抱いていた将来性やスキル不足の不安を解消することができます。未経験でも大丈夫なの?と不安になる方もいると思いますが問題ありません。プログラミングスクールではスキル習得から転職サポートまで全て対応している為、未経験でIT業界を目指す為にオススメのサービスとなります。

下記のサイトから無料カウンセリングや資料請求を申し込むことができますので、IT業界とはどんな職種があるのか?未経験でも本当に大丈夫なのか?一度相談してみましょう。

オススメしたいプログラミングスクール

関連記事:プログラミングスクールは意味がない?やめとけ後悔するといわれる理由

まとめ

今回は製造業はなぜやめとけと言われているのか?について深堀して解説していきました。この記事を読むことで下記の内容を理解できたと思います。

僕が紹介しているIT業界は今の製造業で不安を抱いている方にとってはオススメの業界です。しかし未経験から挑戦する為にはどうしても勉強する必要性があります。独学は時間が掛かりますし、IT専門学校は高い金額で長い期間通わなければいけません。そのため、プログラミングスクールをオススメします。気になった方は相談でもいいので、まずは無料相談や資料請求から初めてみましょう。

オススメしたいプログラミングスクール

 

広告

オススメ人気記事

1

「IT専門学校に通って意味あるの?」「IT専門学校かプログラミングスクールで悩んでいる」「仕事を辞めて専門学校に通う意味あるの?」と悩んでいませんか? この記事では、「IT専門学校は通って本当に意味が ...

2

多くの人々がスマートフォンを使った副業に興味を持っていますが、中には怪しい詐欺に騙されてしまう危険も潜んでいます。 しかし、収益を出すことが出来る安全な副業も存在します。この記事では、怪しいスマホ副業 ...

3

「工場に勤務しているけど辞めたい」「工場勤務は将来的に大丈夫なの?」「工場の仕事環境がツラい」と悩んでいませんか? この記事では高卒や新卒で工場勤務しながら働いている人に向けて、なぜ工場勤務を辞めたい ...

4

「プログラミングスクールの忍者コード気になるな」「忍者コードの評判はどうなの?」「忍者コードを他スクールと比較するとどうなの?」と悩んでいませんか? この記事では忍者コード(忍者CODE)の評判に関す ...

5

ネット上で「夜勤を続けるとすべておかしくなる」と言われているけど「生活に影響が出るのかな?」「夜勤は辞めた方がいいかな?」と悩んでいませんか? この記事では病院や工場勤務などの夜勤の働きに興味を抱いて ...

-工場勤務の悩み